インクリア カンジダ
膣カンジダは5人に1人が経験しているとも言われるくらい身近な症状です。

カンジダは膣炎なので、痒みや痛みがでたときもなかなか人に相談しにくいという部分もあります。

しかし早めに適切な処置をすることで、症状が酷くならずに済むこともあります。

インクリアはデリケートゾーン対策ジェルとして知られていますが、この名称だけ効くと膣内ではなく痒みのでたデリケートゾーン周りに塗布するジェルなのかな?とも思ってしまいますよね。

しかしインクリアは膣内に挿入することのできる洗浄器なのです。

インクリアは膣内のニオイやおりものが気になるときに効果を発揮してくれますが、インクリアはカンジダに効果を発揮するのでしょうか。

インクリアはカンジダに効果あり?

まずカンジダはなぜ発症するのか、原因は何なのかをチェックし、インクリアのもつ効果はどういったものなのかをあわせて見ていきましょう。

チェック1:カンジダの原因とは
カンジダ菌は健康な人の皮膚や粘膜に普段から存在していますが、それが何らかの要因により膣内に存在するカンジダ菌が異常発生することで膣カンジダを発症してしまいます。

膣カンジダの原因は、妊娠時や生理中などのホルモンバランスの変化によるものや、ストレスや風邪などによる免疫力の低下、抗生物質による常在菌のバランスの変化など実に様々なことが原因で発症します。

膣カンジダは一時は症状が治まっても、生理時にまた再発したり、抗生物質の服用で再発するなんてこともよくあるのです。

また膣内の環境バランスが崩れてしまった場合にも起こると言われ、この場合は石鹸で膣内を洗いすぎるなどした場合に起こると言われています。

膣カンジダになると膣内や陰部の痒みや、おりもの異常、性交痛、灼熱感や痛みがでることもあります。

カンジダが再発した場合は薬局などで薬を買うこともできますが、初めて違和感を感じた場合や症状が強い場合は病院に行くようにしましょう。

病院では膣内洗浄や、膣剤による治療を行うことがほとんどです。

チェック2:インクリアの持つ効果
インクリアは膣内の自浄作用を促す専用の洗浄器として産婦人科医と共同で開発された商品です。

出産によって膣内の環境バランスが乱れると雑菌が増えやすくなるため、このバランスを整えることを目的として乳酸が投与されるということが韓国の産後ケアとして知られ、これをもとにインクリアは開発されたと言われています。

使い捨て、使い切りのビデを使用したことがある方も多いと思いますが、使い切りビデは生理時の不快感が気になるときや入浴することができないときなどに膣内を洗い流し、清潔に保つことを目的として使用されることがほとんどです。

インクリアは膣内にある常在菌を洗い流すのではなくサポートしながら、膣内の環境を整える効果のある乳酸により、膣内を清潔に保つジェルタイプになっています。

チェック3:膣内を清潔に整える
インクリアに含まれる乳酸は膣内の環境バランスを整える役割をします。

カンジダの原因としても膣内の環境バランスの乱れや崩れによるものがあげられるため、インクリアを使ってカンジダの症状が緩和する可能性というよりも、再発防止に役立つと考えられます。

インクリアでおりものやニオイを軽減させることや、不快な症状を緩和させることはできますが、薬局や病院で処方される錠剤のもつ効果とは異なるため、カンジダの症状が強い場合や、インクリアを使用していても症状が緩和しない場合は早めに病院に行くようにしましょう。

実際に使っている人も多い!

実際にインクリアを使用している方の中には、カンジダの再発防止や「カンジダかも?」と思ったときに使用している声も多くあります。

●病院に行かずにすんだ
●病院で洗浄してもらっていたけれど、その代わりになってくれる
●膣の中の菌が増える前に使うと効果ある、菌が増えてしまうと使ってもあまり意味がないようなので予防として使いたい
●オリモノがいつもと違う感がしたが、婦人科に行く時間もなくインクリアを買って使ったところ症状が緩和された

このように病院に行くほどではない症状の場合に使用している方が多いことがわかります。

カンジダの痒みやカンジダの症状はインクリアで治るの!?:まとめ

インクリアはあまりにも痒みが酷い場合や症状が辛い場合に使用するものではなく、カンジダの再発予防に使用することで効果を発揮してくれるようです。

膣内環境のバランスを保ち、膣内を清潔にすることはカンジダ予防になります。

膣内の不快感で悩んでいる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。